オーナー日記

自分が傷つけられた時

 

こんばんは♪ 自分が誰かに傷つけられたとき、皆さんはどうしますか?

「高嶺の花」 第1話。 このシーンにジーン!

 

 

自分が傷つけられた時、怒る人哀しむ人がいます。

 怒る人は憎む人です。

 自分は棚に上げて。 相手をただただ攻撃する。ヒステリックに声が大きくなる。

 哀しむ人は愛の人です。

 静かにただ時を止めて哀しみます。」

 

石原さとみが、元旦那の二股を憎むことなく、傷ついて、自己嫌悪になり、ボロボロになっていく姿を見てのこの言葉。

ただ「いい女」というのではなく、「だからいい女」。

 

すごく人間らしい葛藤が生々しいです。

苦しい状況、相手を責めることができない心情から、どうやって立ち直っていくか。

それがこのドラマの一番の見所になっていくのかなと。

これからの展開に目が離せません!

 

ちなみに私が「傷ついたときにこうする人もいるんだ」と大きく概念が変わった映画はこちら。

マイケルムーアの「世界侵略のススメ」

これは本当に「憎む」「許す」という概念が変わりました!

 

ちょっとだけネタばれすると・・・

 

ある国のある家族の話。

自分の息子が殺され、そのご両親は心から犯人に幸せになってほしいと思っています。

自分の息子が殺された深い悲しみと、犯人のことは完全に切りわけて考えている。

 

日本だったら「処罰感情」つまり「憎しみ」があって当たり前。

この国は切り分けて考えているので、処罰感情が湧いてこないのです。

息子が殺されたことはとても悲しい。それはそれ、これはこれ。


この考えは、日本で育った私にとっては衝撃。

処罰感情は持って当たり前だと思っていた。

でも、憎むこと・処罰感情を持つこと自体、自分の幸せにならない。

そう考えたら持たないほうがプラスかもしれない。

 

そんなことを頭で考え、感情は追いつかない映画でした。

 

これは話し全体の5%程の要素でしかないので、ぜひ見てくださいね♪

見終わったら価値観が柔軟になった自分に出会えるはず!

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

それでは良い週末を♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.