オーナー日記

持ち家主義の幻想。買う前に考えておきたいポイント

 

「家族と持ち家もって、一人前」

これは私たちの親世代でわった言葉だと思っていた

結婚し、家を買い、バブルで景気は右肩あがり。持っていたら資産、売ってもお金になる。

そんな時代の話だ。

 

でも、たまーに、未だに「ローン組んでマンション買ったんだよね」という話を聞く。

買ったのが、アジアかアフリカの都心部なら分かる。と、東京ですか・・・

 

この記事は筆者の妄想か夢だと信じたい。

「7500万円タワマン買う共働き夫婦の末路」

http://president.jp/articles/-/22551?page=2

 

東京でマンション買う!?

もちろん現金で買えるならいい!

全額じゃなくても7割以上頭金出せるならありだろう。

 

しかし30年ローンって・・・

なぜローン地獄に自ら飛び込むのだろうか?

 

 

◆家の売値が上がるときは?

簡単なクイズです。ひねりはないので、まっすぐお答えください。

 

クイズ①

「5000万円の持ち家を売りたい人が6人います。5000万円の家が欲しい人が10人います。この時5000万より高く売れそうですか?」

 

→はい

 

クイズ②

「5000万円で持ち家を売りたい人が6人います。5000万円の家が欲しい人が3人います。この時5000万より高く売れそうですか?」

 

→いいえ

 

クイズ③

日本の人口はこれから増えますか?

 

→いいえ

(未来は予測できない中、唯一確実性高く予測できる未来が人口統計です。)

 

クイズ④

では、日本はこれから家を売りたい人と買いたい人、どちらが増えると思いますか?

 

売りたい人。人口が減っています。既に住む場所は余っている。

都心部はそうじゃないなんていう人もいますが、都心部もスピードが違うだけで根本構造はあまり変わらないです。

実際に歩いてみることをおすすめします。

よっぽどのプレミアムな価値があるトップ1%の物件なら価値があがる場合もあるかもしれませんが、それ以外ではほぼありえないです。

 

◆30年でどれくらい時代は変わったか

10年前、スマホはなかった。LCCもなかった。

20年前は携帯もなかった。電車は切符で乗ってた。

30年前はPCもなかった。テレビがブラウン管だった。

今後30年でどれだけ時代が変わり、

どれだけ自分の体力・能力、そして稼ぐ力が変化するか・・・

 

◆地震大国、日本

この先30年の間に、地震が起きないと思いますか?

仮に明日地震が起きたら、そのローンはどうするか考えていますか?

東日本大震災など、震災のたびに「倒壊した家のローン」+「これから住む家の家賃」で二重ローンになる方々が、たくさんいらっしゃいました。

地震保険では全額はカバーできません。

二重ローンを救おうという動きはあります。

しかし、地震など広域災害の場合は、経済損失も大きいため、現状ローンが全額免除されるということはありえません。

 

・二重ローン問題:http://www.rise-tohoku.jp/?p=9600

・自己破産ではなく自治体が協力して返済額を減らせることも:http://diamond.jp/articles/-/120514

 

 

じゃあどうしたらいいんでしょう?

 

◆どうしても家が欲しい人

・人口の増えそうなところで買いましょう。フィリピンのマニラや、マレーシアのジョホールバルなど。

・貯金で買える土地つきの家を買いましょう。地方ならたくさんあります。

・「誰に何と言われようと私の生きがいは持ち家だ!」という方は迷わず買いましょう。それが今回のあなたの人生の生きがいとミッションなら、誰も止めません。

 

では、皆様。ご購入は計画的に。

素敵な人生をお過ごし下さいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.