子宮筋腫について

子宮筋腫って何?子宮筋腫の種類は?

◆子宮筋腫とは

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。

ちなみに、悪性の腫瘍は癌と呼ばれます。
子宮筋腫が大きくなると内臓圧迫、生理痛が重くなる、下腹部や腰が痛む、経血が多く貧血を起こす場合があります。
また、頻尿や流産、不妊(受精はしても着床しづらい)原因になる場合もあります。
子宮筋腫は、30代以上の女性の、3-4人にひとりの割合で発生すると言われている身近なものです。

私の場合は、生理2日目にたまに貧血で意識を失うことが気になり、婦人科に行きました。
3センチの子宮筋腫が見つかり、手術になりました。

 

◆子宮筋腫の種類

できる箇所により3種類あります。
・粘膜下筋腫:子宮の中にできる
・筋層内筋腫:子宮の筋層内にできる
・漿膜下筋腫:子宮の外にできる
いずれも血流不足が関係していると言われています。

ちなみに、私は「粘膜下筋腫」。

全体の10%程度と言われる比較的珍しい位置にできています。

粘膜下筋腫は、生理中に大量出血を起こしがちです。

通院されている方は鉄剤補給の相談を、通院されていない方は意識して鉄分を吸収し、貧血予防をしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.