オーナー日記

妊娠したいけど夫が非協力的!?夫の本音!

赤ちゃんを授かりたい女性にとって毎回の排卵日は真剣勝負!

なのに、「夫が危機感なくて・・・」という声はよく聞きます。

 

一体夫はどう考えてるの!?

 

今日は夫たちの本音に迫ってみました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【夫の本音】

・20-30代同士なら週1くらいあれば子どもはできると思っているから、そんなに焦らなくてもいい。

自分たちはできると思う。健康だし、特に大きな病気はない。

できなかったらその時考える。

・今出来たとしてもあまり実感が湧かない。

・子どもはなんとなく欲しいが、絶対欲しいかと言われると、責任もあるし、わからない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここで、実際のデータを伝えます。

排卵日は年に9~14日程度。

◎そのうち妊娠に結びつくのは3個に1個程度。つまり、妊娠できるのは年に3~4個。

排卵日の2日前が妊孕率が高く、ついで排卵日前日。

→つまり、年3~4回の排卵日2日前&前日の計6~8日が、1年間のうち妊娠できる可能性が高い日。

→そのためには、毎月排卵日2日前・前日はとっても大事な日!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【夫たちの反応】

知らなかった

・いつでもできると思っていた。

・もう若くないので、早めに動こうと思った。

・子どもができることは奇跡と言われるが、数字にしてみると良く分かった。

妻が必死になっているのがよくわかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

愛する妻が必死になっていて、夫は協力的でないのではなく、知識がないだけかもしれません。

一緒に「知る」努力をしていくことがスタートラインかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

◆もっと知りたい方は・・・

ロート製薬「男性も女性も知っておくべき「妊活」の正しい知識」

http://www.rohto.co.jp/article/healthandbeauty/2016/0624_01/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.